恋愛と同棲について

本当の自分を隠して付き合い一緒に暮らしたらどうなるのか?


恋人同士が付き合っていると毎日が楽しく感じたり心が弾んだりすると思います。
そうすると、
自然に
「この人と一緒に暮らしてみたいな」

ずっと一緒にいたいな」
という願望が生まれてきます。

そうした気持ちがやがては結婚や同棲になっていきます。
でも、本当の自分を隠して付き合い、それで一緒に暮らし始めた時
相手に悪い意味でのギャップを感じさせてしまう事があります。

例えば
ケチで心が狭い男性
女性に対して無理をして気前良くしたり心を広く見せたり、全く違う自分になって付き合っていたとします。
最初のうちはそれでいいと思いますが
男性はだんだんそれが
苦しくなってきます。

それは
本当の自分と演じている自分が違い過ぎるからです。
じゃあ、どうして演じて付き合ってしまうのか?

それは根底に本当の自分を見せた時に相手に「嫌われてしまうんじゃないか?」
という不安や恐れがあるからです。

特に男性は女性に対して
カッコ良く見せたり自分を大きく見せようとします。
女性にどれだけ自分は
カッコ良くて凄い男なんだと伝えたいのです。
男性ならありがちな事です。

でも
その演じてしまっている自分本当の自分との落差があればあるほど、それを女性に見せた時にがっかりさせる事になります。

普通に付きあっている時は優しくて心が広くてカッコよく思えていたけれど
一緒に暮らし始めたら
だんだんと、ケチで細かくて心が狭い男なんだとわかった。
という人もいるのではないでしょうか?

みんな本当の自分を出して好きになってもらう自身はないものです。

自分を飾らずに付き合う

それは簡単なように思えて難しいものです。