【実話】毎日パチンコばかりの生活を送っていた自分が完全にやめられた理由

「パチンコをしている」
そう聞くと否定的に見られたり
ちょっと引かれたり
あんまり良いイメージを持たれないと思います。
自分もどちらかというと良いイメージは持っていませんでした。
でも、ある日友人に誘われ実際にパチンコをやってみたらだんだんと面白く感じてきて、毎日パチンコするほどハマるようになっていきました。

毎日仕事が終わったらパチンコ
休みの日も決まってパチンコ
そんな生活を送るようになっていました。

でも、毎日パチンコばかりの生活を送っていると自然とお金は減っていきます。

貯金通帳を見ながら
「まだ大丈夫」
「まだ大丈夫」と言い聞かせながらやっていました。
でも、ある日減り続けている貯金額を見て思いました。
「このままじゃ貯金は0になり、挙句の果てに借金してまでやってしまう」
そう思った自分はパチンコをやめる決心をしました。

それからは時間を作って、どうしたら
パチンコをやめられるかを自分なりに考えてノートに書いたり調べたり、そしてそれを実行してみたり、色々な事をしました。

今までパチンコばかりの生活を送っていたのに、いきなりそれをやめるという事は
「自分にとっての人生の楽しみがなくなってしまった」くらいに等しい事でした。
それでもやっぱり
「自分の為にやめないとだめだ」という気持ちを持ち続けていました。
もちろん、気持ちが揺らいで行ってしまう事も何回もありました。
それでも諦めず行かない事に耐えた結果
自分はパチンコに行かなくても平気になり
完全にパチンコをやめる事ができました。

パチンコをやめられた理由は財布にお金を入れとかなかったり、時間を作らなかったり、新しい趣味を探すといった事ではありません。

それは考え方です。

具体的には
「何の為にパチンコをするか?」を考えました。

自分の場合は単純にお金を儲ける為
当たった時の快感や快楽を味わう為です。

そこで自分はこんな事を思うようにしました。

  • 実際にやってみたけれどパチンコは稼げないし儲からない
  • 当たったお金は結局なくなってしまう
  • 快楽や快感の為にお金を使うのはもったいない
  • やればやるほど快楽や快感を求めに行ってしまう
  • そこまでしてお金はいらない

これらの事を
頭の中で繰り返し思うようにしていたら
だんだん気持ちが冷めていき
最終的には完全にやめる事ができました。

でも、考え方だけで完全にやめられたのはある一つの事が大きく関係していました。

それはパチンコをやっていた期間です。

自分がパチンコをやっていた期間は2年です。

パチンコ歴が長い人にとってみたら短い方だと思います。
短い期間だったから考え方や意識の変え方でやめられたのではないかと思います。

ギャンブル依存症という言葉がありますが
ギャンブル依存症は病気と認定されています。
ギャンブル依存症になってしまったら
自分の意志とは関係なく行ってしまうと聞きます。
それくらいギャンブルの依存性は怖いものです。
自分の場合は確かに依存の気持ちはありました。
でも、結果的に病院での治療はなしでやめる事ができました。
それは早い段階でやめる決心をしてそれを実行したからだと思います。
もしも、完全にギャンブル依存症になっていたらその時は病院での治療も考えていたと思います。

考え方と期間はパチンコをやめる際に大きく関係してきます。
期間が長い程、依存性が増してやめる事が難しくなってきます。
ですから依存症になってから考えるのではなく依存症予備軍のうちにやめる決心した方が良いと思います。

あと、パチンコをやめている時の注意点が一つだけあります。
それは一回でもパチンコに行ってしまう事です。

それは一回でも行ってしまうと
パチンコへの依存がまた始まって
薄れていたパチンコへの気持ちが復活してしまうからです。

実際、自分は会社の上司に誘われて
一回行ってしまった事があり、そこからまたパチンコ生活に逆戻りしてしまった過去があります。
そこはきちんと断るべきだったと思います。

やめるなら「一生パチンコをしない」くらいの気持ちでいないとパチンコを完全にやめる事なんて出来ないと思いました。

終わりに

自分は正直パチンコをやっている時に
大きな不安を抱えながらやっていました。
それはパチンコをして
借金や家庭崩壊など身を滅ぼす事に
繋がっているイメージがあったからです。
もちろん、やっている人がみんなそうなるわけではないです。
普通に娯楽として楽しんでいる人もいます。
でも自分は娯楽として楽しむには危険かなと判断してやめる事にしました。

パチンコは確かに楽しさ嬉しさ色々な事を与えてくれます。
でも、2年間パチンコをしてみて思った事はやっぱり暗くなったり、落ち込んだりする事の方が圧倒的に多かったです。

パチンコを本気でやめるかどうかは本人次第です。

本人がパチンコをやめる為に動き出すか出さないかです。

パチンコをやめる道のりは決して平たんな道のりではないです。

でも、パチンコをやめずにあのままずっと続けていたら、自分の人生がどうなっていたかわかりません。

今やめて言える事はパチンコをしていない時の方が大きな不安がなくスッキリしているという事です。

自分の為にやめて良かったなと改めて思います。