心の健康とマインドの持ち方

仕事に行きたくない気持ちを抑えるたった一つの事

「明日仕事行きたくないな」

これは仕事をしている人なら誰しもが思う事ですね。
人は仕事の事を考えていると自然と気持ちが重くなるものです。

そんな時どうしたらもっと心が楽になれるのか?
落ち着いていられるのか?
それは案外単純なところにあります。

それは仕事の事は一切考えないようする事です。

「なんだそんな事か」と思うかと思いますがこれはメンタル的には重要な事です。

人は考えれば考えるほど
その事に対して熱くなるものです。
だから「明日仕事行きたくないな」と
ずっと思っていたら
仕事に行くのが嫌で嫌でたまらなくなってしまいます。

仕事の事を考えないようにすることで
これ以上暗くなったり嫌な気持ちでいっぱいになる事を防ぐためでもあります。

考えないと言っても仕事の備えや段取りは必要な事です。
それは考えないといけません。

でも仕事の人間関係が嫌
仕事の作業内容が嫌いなど考えても仕方のないことは考えないようにすることが一番です。

人が仕事に行きたない理由は
「こんな仕事したくない」
「やりたくない」
「自分に向いていない」など仕事に対して嫌だな感じているからです。

それと人間関係です。
「あの人が嫌い」
「あの人に会いたくない」
「あの人と仕事をしたくない」
など人間関係の事で少なからず悩みがあるからです。

この二つに対して何か対策を考えてどうにかしようとするのならいいですが
ただ嫌だな思いと暗くなってネガティブな事ばかりを考えるくらいなら仕事の事は考えない方がいいです。

仕事の嫌な事を考える仕事に行くのが嫌になる仕事の嫌な事を考える仕事に行くの嫌になる
この繰り返しで人はだんだん仕事に行きたくない気持ちが強まっていくものです。

だからこういう悪いサイクルに陥らないために
仕事のことは一切考えないようにする事が必要なんです。

仕事以外の事で何かに集中している状態を作ってみてください。
気を紛らわすことをみつけてみてください。
そのことに夢中になっている時だけ仕事の事を考えなくてすみます。

終わりに

仕事に対して真面目な人ほど苦しんだり辛くなったりするものです。
真面目でいなければならない。
苦しくても会社に行く事が素晴らしい事のように思われていますが
結局自分を守れるのは自分だけです。

判断して決めるのも自分です。
自己犠牲を必要以上にして頑張っている人ほど糸が切れるともろいものです。
自分の限界は自分にしかわかりません。

これ以上頑張ったらどうなるかは
自分に聞いてみるのが一番良いのかもしれません。